Urban Mobility

BMW C EVOLUTION

ようこそ、未来へ!
BMW Motorrad初、生産間近のスクーターのプロトタイプBMW C evolutionがついに登場。新しいeスクーターは急増する交通量やエネルギー費用、CO2削減を考慮し、これまで以上の対応力を発揮。パイロットフェーズでは数台のテスト車両を実際の走行状況下で走らせます。

都心と周辺都市の移動手段としてデザインされたBMW C evolutionは高性能モーターを搭載し、常時出力は11kW、最大出力35kWで走る歓びをもたらしていきます。また、最大速度120km/hという卓越したアクセル性能を持ち、同乗者がいるときでも高速道路の走行や追い越し時に優れた操作性を実現。重心が低いためハンドリングは軽く、低速走行時に最高レベルの性能を発揮するため、都会ならではの交通環境を得意とします。さらに、ABS搭載の高性能ブレーキシステムが最大限の安全を保証します。

また、高圧バッテリー(8kWh)の膨大なストレージ容量により、100kmまでの走行が可能。バッテリーが完全に切れた状態からのフル充電が3時間以下で済み、バッテリー内臓の充電器により、家庭の電源やチャージングステーションでの充電が可能です。

BMW C evolutionはライダーがエネルギー回生を起動する必要がなく、可能なときに車両が自動的に行うように設計しています。走行スタイルによりeスクーターの走行距離を10-20%伸ばすこともでき、エネルギーの回収(エネルギー回生)においても画期的なモデルとなっています。