他のモデル

写真の車両にはオプション装備が付属している場合がございます。

R 1200 GS

Hi Line 2,095,000円 (消費税抜き車体本体価格 1,995,238円)
Premium Line 2,231,500円 (消費税抜き車体本体価格 2,125,238円)
Triple Black 2,259,000円(消費税抜き車両本体価格2,151,429円)

※ 工場オプション
・ ESA(電子調整式サスペンション)
¥94,500アップ
・ ASC(オートマチックスタビリティーコントロール)
¥42,000アップ
・ クロススポークホイール
¥21,000アップ(注文生産)
・ ローダウン仕様
¥21,000アップ(注文生産)
(約6.5cn下がった仕様。
 ESAの装着はできません。)

※ 2010年2月13日発売
※ 表示の価格は、税金(消費税を除く)、保険料、登録の諸費用、付属品価格などを含まないメーカー希望小売価格です。
※ Premium LineにはHi Lineの装備に加え、ESAとASCが標準装備となります。
※ Triple BlackはPremium Lineの主要装備に加え、ブラック塗装のエンジン、フロントフォーク、アスファルト・グレーメタリックのスィングアーム、リア・フレーム及びバルブ・リッド、ブラック・クロス・スポークホィール及び”GS”ロゴが刻印されたブラックシートが標準装備となります。
※ 価格は予告なく変更する場合がございますので、予めご了承ください。(この内容は2010年1月14日現在のものです)


なんと素晴らしいモーターサイクルでしょう。地元のツーリング、週末の旅行、毎日の通勤、人生においての夢の何千キロも離れた場所へのツーリングなど、あらゆる人の期待を裏切らない普遍的なツールです。1つ1つの目的にあったマシンが必要かもしれませんが、「GS」はすべてを実現するために設計されています。容易なハンドリング、卓越したツーリング適性、オフロードでの可能性、ライダーや後部座席のパッセンジャーの快適性、これ以上のバイクはなかなか存在しません。これは我々だけの考えではなく、世界中で行われた数々の独立したテストにより証明されています。

それでも、現在のモデルはさらに一歩先を行っています。2気筒エンジンのパワーは他に類を見ないもので、それ自体の枠にとどまるものでもありません。その理由は、新しいDOHCエンジン*です。DOHCの印象的なパフォーマンスを初めて披露したのは、伝説となっているHP2 Sportでした。R 1200 GSでは、実用性が考慮され、出力よりトルクが優先されています。 これは実感していただけるものです。トルクピークが120Nm/6000rpmであることも1つですが、5000rpmまでの適切な範囲において高いレベルのトルクがでていることを十分に体験していただけるでしょう。出力は81kW(110ps)/7750rpmまで向上しています。

究極のライディングの歓びは、排気フラップ付きの新しい排気システムからの誰もが心惹かれる力強い排気音によりさらに増長されます。新しい塗装仕上げと合わせて、幅広い範囲の特別エクイップメント機能が用意されています。独特のオフロードESAやASC、豊富なモーターサイクルエクイップメントなど、R 1200 GSが完璧にフィットできないシチュエーションは実際ありません。

どんなライダーにもぴったりフィットします。さあ、今すぐ試乗してみましょう!

*DOHC=ダブルオーバーヘッドカムシャフト、シリンダーにつき2本のオーバーヘッドカムシャフト